老研版 失語症鑑別診断検査

検査情報

基本文献:老研版 失語症鑑別診断検査 

著者名:笹沼澄子、伊藤元信、綿森淑子ほか編著 

発行所:千葉テストセンター

テスト発表年:2000年

目的:①失語症の有無、失語タイプ、重症度の判定、②予後の推定と継時的変化(回復状況)の把握、③治療方針の決定と治療効果の評価 

対象年齢:成人失語症者 

所要時間:約3時間

 

<PR>

<PR>


検査の概要

聞く、読む、話す、書く、数と計算、の領域について詳細な検査を含み、言語様式間の比較を行うことができる。しかしSLTAやWAB失語症検査と比較し、やや時間を要するのが難点である。

引用文献

小山充道(2008)必携 臨床心理アセスメント 金剛出版,p.270.