時計描画テスト(CDT)

検査情報

基本文献:Clock Drawing Test 

目的:認知症の評価 

対象年齢:主として高齢者 

所要時間:約1~2分

 

<PR>

<PR>


検査の概要

何より簡便に施行でき、その結果や誤りの異常性が視覚的、質的に分かりやすいというのが大きなメリットである。筆者は必ずスキャナで読み取り報告書に添付しており、カンファレンスでも他スタッフに見せると反響が大きい。非専門家にも訴求力のある検査である。 

引用文献

小山充道(2008)必携 臨床心理アセスメント 金剛出版,p.276.