三宅式記銘力検査

検査情報

基本文献:記憶二關スル臨牀的實驗成績 

著者名:三宅鉱一、内田勇三郎


発行所:東京大学医学部脳研究所 

テスト発表年:1924年 

目的:記銘力の評価 

対象年齢:成人 

所要時間:15分

 

<PR>

<PR>


検査の概要

我が国で作られた伝統的な記憶検査である。記銘材料が古いので若年層には適用しにくい。認知症患者は「わかりません」が続き自信を失ってしまうので、施行後に感情面のフォローが必要になる。

引用文献

小山充道(2008)必携 臨床心理アセスメント 金剛出版,p.250.