日本版POMS

検査情報

基本文献:日本版POMS手引き 

著者名:(原著)McNair.D.M.ら, (日本版)横山和仁、荒記俊一 

発行所:金子書房 

テスト発表年:(原著)1992年、(日本版)1994年(短縮版は2005年) 

目的:気分や精神状態の評価 

対象年齢:18歳以上高卒以上の学力を有する者に行なうのが望ましい 

所要時間:10〜15分 

 

<PR>

<PR>


検査の概要

あなたの気分状態をおたずねするものです……と質問用紙に記載があるように、『気分』に特化した心理アセスメントである。質問には誰もが答えられるような内容となっていて、取り組みやすい印象を受ける。採点にあたって、2問だけ逆転項目が混入していて、採点を誤りやすいのでこれに留意する。質問項目は65問と少ない。設問も「うんざりだ」「すぐかっとなる」など、わかりやすい文体で、応答するのに疲労感を感じることはまずない。広範な臨床領域で利用可能な心理アセスメントである。

引用文献

小山充道(2008)必携 臨床心理アセスメント 金剛出版,p.175.