日本版BDI-Ⅱベック抑うつ質問票

検査情報

 

基本文献:日本版BDI-Ⅱ 

著者名:(原著者)Beck, AT., Steer, R.A. & Brown.GK. (訳著者)小嶋雅代、古川壽亮

発行所:日本文化科学社 

テスト発表年:(日本版)2003年

目的:抑うつの重症度判定

対象年齢:13歳〜80歳

所要時間:約5分〜10分程度。重症のうつ病者や強迫症障害の患者では時間がかかることがある。

<PR>

<PR>


検査の概要

見開きA3サイズで、質問項目が青・背景が白2色で印刷された質問用紙は、目に優しい。「1.悲しさ」から始まる質問項目の多くは4段階評価となっていて、答えやすい。何を聞かれているのがわかるので、被検査者には安心感が生じる。所要時間も短い。本検査は抑うつ症状の有無とその程度を知る道具をして用いるとよい。

引用文献

小山充道(2008)必携 臨床心理アセスメント 金剛出版,p.183.