モーズレイ性格検査(MPI)

検査情報

基本文献:新・性格検査法 モーズレイ性格検査 

著者名:(原著)Jensen,A.R., (日本版)MPI研究会編


発行所:誠信書房


テスト発表年:(原著)1958年、(日本版)1969年 

目的:①外向性ー内向性、神経症的傾向という独立した2つの性格特性を同時に測定できる、②向性と神経症的傾向の組み合わせで、性格像を描き出す試みもある 

対象年齢:16歳以上で文字を読めるものであれば、誰に対しても実施可能 

所要時間:15〜30分

 

<PR>

<PR>


検査の概要

エビデンスに耐えうる心理検査として知られ、心理学の調査研究や行動評価に多用されている。臨床場面での利用を考えると、得られる情報が「向性」と「神経症的傾向」のみで力動的な視点からの情報は乏しいと言わざるを得ない。質問項目は全80問で、被検査者の負担は比較的少ない。薄い緑色で質問文が印刷されていて、少し読みにくい。

引用文献

小山充道(2008)必携 臨床心理アセスメント 金剛出版,p.198.