矢田部ギルフォード性格検査法(YG)

検査情報

基本文献:新性格検査法 YG性格検査実施応用研究手引 

著者名:辻岡美延


販売所:竹井機器工業


テスト発表年:1968年 

目的:人格理解

対象年齢:小学生〜成人 

所要時間:約30〜40分 

 

<PR>

<PR>


検査の概要

12の因子について標準からの偏差が示され、プローフィール図によって視覚的に表されるため、性格特徴を具現化しやすい。加えて、類型化により神経症的傾向も知り得る点は臨床的にも活用しやすい。ただし、妥当性を評価する尺度がないため、臨床現場では慎重な解釈を要する。 

引用文献

小山充道(2008)必携 臨床心理アセスメント 金剛出版,p.145.