新版 TEG-Ⅱ(新版 東大式エゴグラム第2版)

検査情報

基本文献:新版TEG-Ⅱ 解説とエゴグラム・パターン 

著者名:東京大学医学部心療内科研究会編 

発行所:金子書房 

テスト発表年:2006年

目的:人格理解

対象年齢:15歳〜成人

所要時間:20分程度

 

<PR>

<PR>


検査の概要

質問項目は比較的少なく、採点も容易であり、使用しやすい質問紙である。もともと交流分析から作成されたものではあるが、精神分析的な志向性をもつ臨床家にも馴染みやすい。ただし、自我状態を「おや」「おとな」「こども」と評価されることに抵抗を示すクライエントもいるのでフィードバックには注意を要する。

引用文献

小山充道(2008)必携 臨床心理アセスメント 金剛出版,p.142.