TK式診断的新親子関係検査

検査情報

 

基本文献:TK式診断的新親子関係検査手引 

著者名:(小学生用)品川不二郎、品川孝子、森上史朗、河井芳文、(中学生用) 田中教育研究所 

発行所:田研出版 

テスト発表年:小学生専用(児重版)1972年、中学生用1990年 

目的:①両親の養育態度と子どもの問題行動のサインを把握、②親子関係の修復 

対象年齢:小学生と小学生をもつ両親、中学生と中学生をもつ両親 

所要時間:40分  

<PR>

<PR>


検査の概要

親用の検査では、小学〜中学生までの子どもの性格形成に大きな影響を持つ親の養育態度を明らかにして子どもに対する関わり方を探り、その結果はしつけ方のヒントにもなる。子ども用の検査結果からは、子ども自身が親の養育態度をどのように見ているかがわかる。双方の結果は,親子が話し合う資料ともなる。テスト結果は10項目について見やすいダイヤグラムで表示され親子にとって、有効な資料となるだろう。 

引用文献

小山充道(2008)必携 臨床心理アセスメント 金剛出版,p.119.